本当にあった怖い話

こんにちは、石川です。

本当にあった怖い話。
想像してみて下さい。
いつも使う駅で
いつもの稽古場へ行こうと
いつも通り電車を待っていて

反対側のホームに立っている自分に気付いた瞬間。

そして

気付くのと同時にに反対側の電車の扉が閉まった瞬間。

……科学では解明できないことってたくさんあるんですね。
蒸し暑さのせいか、最近物忘れと空白の時間がめっきり増えたような気がします。

怖いと言えば、最近稽古場にいると人間って怖いなぁとよく思います。もちろん芝居の内容の話ですよ(笑)
f0121730_2355155.jpg

終盤にかけて裏切りとか欲望とか愛とか、人間の醜くてきれいな面がどんどん押し寄せてきています。
ショックを受け恐ろしいと感じる一方で、取り繕わないありのままの人間の姿に不思議と引き付けられる…と言いますか。

動物園でパンダを見た時と似ています。
実物を間近で見るとやはり獣っぽいと言うか、思ってたより可愛くないな…と思ってもずっと見てるとものすごく可愛く見えてくるような……いや、それは何だか違う話ですね。何言ってるのか自分でもよく分かりません。

そんな訳で、暑い夏にピッタリの「刺青」をどうぞよろしくです。

稽古場は和気あいあいとやっております(笑)
f0121730_23485393.jpg

なぜかこちらも…(笑) 小出君を使って演技の説明中。
f0121730_23502494.jpg

写真で見ると緊迫感がありますが、実際は笑い声であふれていました!


石川
[PR]
by insyouha-news | 2009-07-20 00:00 | メンバー
<< 自己紹介インタビュー #4:永... 自己紹介インタビュー #3:小... >>