公演を終えて⑦

みなさんこんにちは…更新が途絶えてすみませんでした。
案の定、体調不良に陥っている大槻です。
4月なのにこの寒さは反則ですよ、もう!何日も咳が止まらないです。

ちくしょう、ちくしょう!なんだっていうんだっ!!

ということで今日のコメントは私です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大槻ゆか/父、デステパーゴ

芝居作りを振り返って

自分の反省点が多い芝居でした。
でも、今回はそれ以上に得たものが大きかったです。
舞台に立つことの厳しさを改めて実感。それと同時に、やはり自分は舞台に立つのが好きなんだと実感することが出来た公演です。
「ライブ」はとても怖いです。間違えたからといってやり直しも出来なければ、編集もないからごまかしもきかない。全てを晒け出し、お客様の目の前で全身を使って演技をする。
けど、だからこそ「ライブ」はやめられません。自分たちの表現がダイレクトにお客様に伝わり、それに対するお客様の反応もダイレクトに返ってくる。その感じがたまらないです。良くも悪くもその状況が好きです。すごく興奮します。まあ、一種の変態ですね(笑)。重要なのは、自己満足で終わらせるか終わらせないかだと思います。
そういった意味でも、この『夜鷹の星』は純粋に楽しかったです。


父/デステパーゴについて

これだけ台詞量がある重要なポジションを任されたのは初めてで、毎日不安と焦りの連続でした。とにかく自分の甘さ加減に幻滅!完全にデステパーゴをなめてましたね…苦笑
男役に対しての抵抗は全く無かったものの、いざやってみるとダリア(小島さん)をエスコート出来なかったりラブシーンがうまくいかなかったりで、もう男として情けなくなりました。これは貴重な経験です(笑)。


お客様へ

『婦系図 夜鷹の星』を観に来てくださって、ありがとうございました。
今回嬉しかったのは、「お客様の声」が沢山聞けたことです。終演後に声を掛けてくださった方、アンケートを書いてくださった方、メッセージをくださった方……
印象派メンバーはアンケートに必ず目を通しています。今回もかなり集計率が高く、色々な感想を頂いています。よく「お客様の一人一人の声が励みになります。」というのを聞きますが、あれは本当です!一枚、また一枚と読んでいく度に「よし、次も頑張ろう!」と思えます。
技術も経験もまだまだ足りないけれど、役者・大槻ゆかとして、いい意味でお客様の予想を裏切っていけるよう、頑張っていきたいと思います。今後とも劇団印象派を暖かく見守っていただけたら幸いです。

さあ、劇団印象派は次回公演に向けて既に始動しています。
9月、深川江戸資料館でお会いしましょう!

f0121730_13153034.jpg

f0121730_1352234.jpg

f0121730_11164914.jpg

大槻
[PR]
by insyouha-news | 2007-04-18 00:00 | メンバー
<< 公演を終えて⑧ 公演を終えて⑥ >>