“分からない”

こんにちは。大田原りなです。先々週の日曜日に引き続き、また先週の日曜日はチラシ用の写真撮影を行いました。くるくる回ってみて!と言われたり、手の写真を撮ったり…。
カメラのファインダーを覗く米山氏を見ながら、そこには一体どんな光景が広がっているんだろうと想像します。同じ物を撮っても、誰一人全く同じ写真はないから。だから、同じ景色でも自分とは違う景色を見ていると気づくんです。一体どんな目で世界を見ているんだろうって。

それは写真に限らず、世界の見え方も、感じ方も、伝え方も当たり前のようにみんな違うから、どんなに親しい人でも違うから、人の考えは想像するしかできません。本当の事なんて、分からないから。でも、分からないは、多分、魔法の鍵です。伝えたい・理解したいって、自分の考えとは違う扉を開こうとするから。分かっているはず、と思って伝えないこと、聞かないことで扉を閉めていたら、自分意外を受け入れられないんじゃないでしょうか…?だから、自分とは違うものを受け入れる事が出来る力が、“分からない”の中に潜んでいるんだと思います。
f0121730_2244422.jpg

大田原
[PR]
by insyouha-news | 2008-10-30 22:44 | メンバー
<< 亀が 秋雨 >>