2007年 09月 19日 ( 1 )

公演を終えて ~大槻ゆか~

こんばんは!劇団印象派の石川です。
さて今回のコメントは、看護師の秋原サユリ役を演じた大槻ゆかさんです!

前回の公演「夜鷹の星」ではデステパーゴ役を演じた大槻さんが、なんと今回は看護師役?!…と驚かれた方も多かったのではないでしょうか。
見かけは立派な白衣の天使。しかしその実体は……今回も客席を沸かせてくれました。笑
大槻さんの芝居に対する真摯な姿勢には、いつも見習わなければ!と触発されます。
そんなしっかり者の大槻さん、今回の劇を終えて何を感じたのでしょうか。

f0121730_23164073.jpg


●公演を終えて…

千秋楽のカーテンコールが終わった時はホッとしました。
「ああ、無事終わった」って。
でもその後にある本当の意味での『作品との別れ』。私はこのタイミングを見つけるのに毎回すごく時間がかかっちゃうんです。
未練なのか愛着なのか、はたまた悔恨なのか…

“秋原サユリ”役は、演技をするということ、その役として舞台上に存在するということ_この二点に改めて向き合えた役でしたね。


●共演者について

個性的な男優が三人もいるというのが本当に頼もしく、最後まで飽きることがなかったですね!

関西人なのに見た目は海人(うみんちゅ)な座長・やっしー。
※訛りがなかなか直らなかった…!笑

空気は読めるのになぜか場を凍り付かせるタカ。(笑)
※ホントに寝てるとき以外は落ち着きがない!本番中空き缶で指切ったときにはどうしたもんかと思った)

そして、優しくて男気があって練習熱心なのになぜかダンス練が嫌いな直也さん。(笑)
二人で真剣に屋上のギャグシーンを研究してたのが既に懐かしいです。
あの「ガバッ」周辺はちゃんとお客さんに受け入れてもらえるだろうかとギリギリまで緊張してました…(笑)

劇団員のみんなとも新しい掛け合いが出来て良かったです。
途中、吉住さんにはおいしいところを全部もっていかれそうで冷や冷やしましたが…!

夜鷹とデステパーゴがマリと秋原に、デステパーゴとノラが看護師と患者に…といった具合に、公演ごとに変わっていく「役の関係性」を楽しむのが好きなんです。
日常では決してその人と交わすはずのない会話やアクションができるのが面白くて。
次は誰がどんな配役になるのか、想像するだけでワクワクしますね。


●お客様へのメッセージ

今回も沢山のご来場、ありがとうございました!
「SHAPE OF MY HEART」が皆さまの心に少しでもなにかを残せたなら幸いです。

お客様が書いてくださったアンケートは毎回全て目を通していますが、いつもそのメッセージに励まされパワーを頂いています。
これからも客席と舞台の間で素敵な空間が作れるよう努力しますので、ぜひ劇団印象派の「芝居」にご参加下さい!

また、今回足を運べなかった方にも次回公演があります!
公演期間も長めなので、是非今のうちから予定をあけておいてくださいね。3/28-3/30・新宿タイニイアリスです!


それでは、また劇場でお会いしましょう!!
ありがとうございました。

大槻ゆか
[PR]
by insyouha-news | 2007-09-19 23:13 | メンバー