2008年 06月 11日 ( 1 )

六月大歌舞伎

みなさんお久しぶりです!劇団印象派の大槻です。

じと~っとした梅雨に入りましたが、4,5月も地味に作業などしてました。
公演がない期間は心身ともに休まりますがやはり淋しいですね。
虚無感というかなんというか。

しかし同時にこういった時期こそ重要だったりします。
制作面の準備はもちろん、映画・音楽・美術・舞台…等々いろんな芸術作品を見たり、旅行にいったり、スポーツして体を鍛えたり、芸事を身につけたり_と自分磨きができるのもこういうときで。
普段から感性を研ぎ澄ませようと!
まあ趣味もあるので紙一重ですが(笑)

国内外とわずあちこち飛び回るりなさん。

一本でも多く良い芝居を観ようと舞台を観まくるいっこ(石川)。

前から見たかった「コロッケオンステージ」にいく吉住さん。


なにを楽しむかは人それぞれですね。

そんなこんなで、みんなでなにか観に行こうということになり、前回の活動では稽古前に歌舞伎を観に行ってきました。
f0121730_115198.jpg

滅多に行かない銀座へ繰り出すメンバー。
実際の歌舞伎座は建物の迫力が思った以上にすごかったです。
昼の演目は「新薄雪物語」と「俄獅子」。
f0121730_1153571.jpg

う~ん、女形美しい…見習わなくては。(笑)
伝統の「型」_ってやっぱり洗練されてるんだなあ。
大御所が出てくるとやはり舞台が締まります…

イヤホンガイドをつけての観劇で、普通に楽しめました。
イヤホンガイド様々です。
解説員の方が生で解説してくれるのですが、そのうちの一人が「これは、わかります」「う~ん、わかりますね」と、耳元でやたら登場人物に共感していたのでそこもおもしろかったです。
f0121730_1162112.jpg

昼の部の1時間後には夜の部が開場するので早々と清掃がはじまる劇場。
夜の部の演目もなかなか気になります。

歌舞伎座の中にある意外と大きいおみやげコーナーもだいぶ気になりましたが(海外旅行者やお年寄り向け?)夕方からの稽古のため銀座を後にして電車に乗るメンバー。

この日はミーティングでした。
次回作品の構想やキャスト・スタッフについて。
話し出すとあっという間に時間が過ぎます。
ということでミーティング後も近くの飲食店でごはん。
話題は「最近の演劇」に発展し、素面でどこまでもしゃべれそうな夜でした。

大槻
[PR]
by insyouha-news | 2008-06-11 00:00