<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

チケット販売!

~お知らせ~

今回は、前売りチケットの販売について補足説明をさせていただきたいと思います。もちろん6月10日から設置するチケット販売フォームにも詳細は載せますが、念のためこのブログでもご説明しようと思います!

まず、本公演「さよなら模様」の前売りは次の2つの方法をとらせていただきます。

●ホームページ上のチケット販売フォームからご予約
●電話でのご予約

どちらともお支払い方法は当日精算となります。
それぞれの詳しい手順は以下の通りです。


●ホームページ上のチケット販売フォームからご予約
1.チケット販売フォームのページへ行く
2.必要事項をメールに記載し、指定のメールアドレスに送信
3.二日後以内に「ご確認メール」が届く→予約完了!

4.当日、会場受付にて担当者に予約名を告げる
5.チケット料金の支払い→チケットGET!
6.小ホールの入口扉にいるスタッフにチケットを見せ、券の点線以降を切り取ってもらう

☆観劇


●電話でのご予約
1.印象派に電話をかける  080-3506-6249
               平日10:00~19:00/土,日,祝日10:00~17:00
2.担当者の案内に沿ってご予約ください。→予約完了!

3.当日、会場受付にて担当者に予約名を告げる
4.チケット料金の支払い→チケットGET!
5.小ホールの入口扉にいるスタッフにチケットを見せ、券の点線以降を切り取ってもらう

☆観劇



■チケットの当日精算は、各公演の開演1時間前より会場受付にて開始いたします。

え~、少しは参考になりましたでしょうか?ご不明な点等ありましたら、どうぞお気軽に劇団までお問い合わせ下さい。
[PR]
by insyouha-news | 2006-05-29 00:00 | お知らせ

チラシ完成

ついに、劇団印象派2006年夏公演「恋愛劇 さよなら模様」の本チラシが完成いたしました!

f0121730_17351738.jpg


表には、すでにこのホームページのトップにも掲載している人魚の絵。そして裏には本公演のあらすじを含む詳細情報が記載してあります。
こうしてちゃんとチラシができあがると、「もう後には引けないのだ」とますます実感させられますね(笑) もちろんどうしたって既に後には引けない状況なのですが…あはは

ということで、現在劇団メンバーは6月10日の前売りチケット発売に向け、このチラシを様々な施設に置かせていただいたり他公演に折り込みをさせていただいたりと、とにかく必死で配っています!
あなたが目にするのも、もうすぐかも知れません。


~お知らせ~
◆6月中に「さよなら模様」の特設ページを設けます。
作者のコメントやあらすじはもちろん、チケット発売の詳細やキャストスタッフなども掲載したいと思っておりますのでどうぞお楽しみに。

◆団員連名も近日中に閲覧可能になります。大変お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。



それでは今日はこの辺で。
あ、台本執筆・稽古ともに順調に進んでおります!
劇団印象派・制作でした。
[PR]
by insyouha-news | 2006-05-27 00:00

IKEA船橋店!

日曜日。
この日は夕方から始まる稽古の前に、いま巷で話題の「IKEA」に行って参りました!
なぜそのことをわざわざこのブログに書くのかというと…
それはもちろん、舞台美術の参考になるような家具・インテリアの偵察に行ってきたからです!

第一印象は、とにかく「広い!」です。
思っていたよりも混雑していなかったものの、やはり多くの親子連れなどで賑わっていました。日曜日ですしね。
1Fと2Fのツーフロアに分かれていて、順路がきちんとありました。それでも迷路のように広くて自分の現在地がわからなくなるほど広かったです。
商品はというと、もう大量生産だけあってすべてだいぶ安かったです。
家具・インテリア・雑貨・小物etc…
こちらのマグカップは、なんと1個77円です。
なんか、普通のお店で購入するのが馬鹿馬鹿しくなりますね…ははは

f0121730_17331276.jpg


今後是非とも利用させていただきたいですね。
他にも写真を撮りまくってしまいました。

いかに軽コストで良い品を手に入れるか_大きな課題です。
[PR]
by insyouha-news | 2006-05-24 00:00

小道具

こんにちは!劇団印象派・制作です。
最近本当にイヤな天気ばかり悩まされます。
外出時に着ていく服が気候に合わなくて失敗したり、突然土砂降りに遭ったり、かとおもえば着込みすぎてやたらに汗をかいてしまったり…とまぬけな私です。あ、気候のせいばかりではないですねこれは。

そしてそんな気候の中でも劇団印象派の稽古は進みます!
今日もみっちりやってきました。

f0121730_17311995.jpg


おや、傘を差してますね。
「公演情報」ページの短歌を御覧になった方はお気づきかと思いますが、今回の『恋愛劇・さよなら模様』という作品のキーワードの1つには、この「雨」が含まれています。

これまで米山が手がけてきた作品には、度々“雨”や“傘”といったモチーフが登場することがありましたが、それらは毎回姿形を変え、様々な場面・登場人物の心情を描写するなど、重要な役割を果たす小道具として使用されてきました。
普段私達が雨を凌ぐために何気なく使っている傘ですが、舞台上で使用すると何故か不思議と、洗練された美しいものに見えてくるのです。
傘以外の日用品にもそういったものは多々あります。演出された芝居の中に現れることによって、日常の姿とはかけ離れた意外な魅力や特性が引き出るのです。
同じ事が人間(役者)にも言えるでしょう。
舞台とはきっと、そういう空間だったりするのです。

しかし、今回はこれらのアイテムによってどういった場面が描かれるのでしょうか。
それも「恋愛劇・さよなら模様」の見所の1つかもしれません。
[PR]
by insyouha-news | 2006-05-20 00:00

タワーホール船堀

みなさんこんにちは!劇団印象派制作です。
さて、前回のブログでは「いよいよ稽古開始!」とお伝えしましたが、今週からは稽古日も週2日に増え、ますます本格的に稽古に突入します。
稽古に入ったという内容を早く書きたかったせいか、前々回のブログで「次回はタワーホール船堀について書きたいと思います」と書いていたことをすっかり忘れていました…!ので、今回は夏公演「恋愛劇 さよなら模様」を上演するタワーホール船堀小ホールについて、少しご紹介したいと思います!

タワーホール船堀は東京都江戸川区のシンボル的複合施設として、平成11年にオープンされました。比較的新しく、とても綺麗な施設です。
建物の中には、大ホール・小ホール(←『さよなら模様』上演!)・イベントホール・バンケットルーム・展示ホール・結婚式場・映画館・レストランなどなど様々な施設があり、中でも地上103mにある展望室から眺める景色は絶景です!天気が良いときは富士山もばっちり見ることが出来ます!

f0121730_762267.jpg


上空から見ると半円形のおしゃれな建築デザインですが、建物の中も本当に綺麗です!↓


f0121730_763726.jpg



1階から7階までは吹き抜けになっています。
そして、「さよなら模様」上演の小ホールへ行くには、エスカレーター又はエレベーターを使い5階へ上ります。
下の写真は、広々としていて落ち着いた空間の小ホールロビーです。ホール内への入り口は、柱の奥にある扉とそれより手前にある扉(写真には写っていない部分)の二つです。

f0121730_765888.jpg


この小ホールは、基本の客席数が300席という広さで、普段から多目的ホールとして様々な団体が利用しています。
ところがです!今回劇団印象派の公演では、この小ホールの客席と舞台の使い方を大きく変えた、「さよなら模様」ならではの舞台空間を作り出す予定です。一体どんな舞台が出来あがるのか…劇場の中身はご来場になってからのお楽しみです!今回客席は全席自由なので、当日はご来場が早ければ早いほど、良いお席での観劇ができると思います。
公演についてのお問い合わせは、お電話・又はEメールにて受付中です。


タワーホール船堀について少しは参考になりましたでしょうか?
長くなってしまいましたが今日はこの辺で。今週からはこの「印象派通信」の更新もどんどん増やす予定ですので、是非お気軽に読んでくださいね。コメントの書き込みもお待ちしています!質問などして下さればお返事を書かせて頂きたいと思っていますので…!

それでは。
[PR]
by insyouha-news | 2006-05-15 00:00

いよいよ・・・!

お久しぶりです!二週間ぶりの投稿です。
先週はちょっとワークショップをお休みして劇団会議をしておりました。
今後の予定やキャストスタッフ、予算案についての話し合いです。あぁ、札束が空から降ってこないかな…宝くじドーンと当たらないかな…もしくはどこか景気よくついてくれるスポンサーはいないかな…。なあんて甘っちょろいこと言ってちゃダメですね、すいません。地道にコツコツ頑張ります。

さあ!そして昨日はいよいよ「さよなら模様」の稽古に入りました。もちろん今までも、書き上がった分の台本を読んだりそれを使ったワークショップなどはしていたのですが、昨日は半立ちをしました。半立ちとは、通常の立ち稽古と違い、役者が台詞をまだ覚えていない状態でやったり、実際のキャストとは違う人が演じてみたり_などといった感じの稽古のことです。

f0121730_725321.jpg


そこで昨日は、今回の「さよなら模様」においての演技プラン_というか基本方針を実際に稽古をしながら演出から聞いたのですが、以前口で説明を受けて想像していたものより遙かに難易度が高く、「実際やってみたらこんなに苦戦するのか…」と、ちょーっとひるんだ私でした…!詳しい内容はここではお伝えすることが出来ませんが、もう「プロでも出来る人はどれほどいるのか」と思われるほど高度な技術だと思います。もちろん、それが成功して全てのバランスが最高だったらばかなり良い舞台になるんだと思います。あ、バック宙とか月面宙返りとかそういうあれではないですよ?(笑)
劇団印象派は一体どんな挑戦をしているのか…それは劇場で、あなたの目でお確かめ下さい!(なんてまた宣伝してみたりして)

さらに昨日は、とても嬉しい事がありました。
なんと、見学をしたいという方がいらして実際に稽古場に来て稽古の様子を見ていってくださいました!もちろん印象派メンバーとは全く面識のない方です。「いつもここで活動をしているから、どんな事をやってらっしゃるのかと思って」と声をかけてきて下さいました。
初めての出来事だったので少し緊張しましたが、とても嬉しかったです!
このことが今後色々な方面に発展していけばいいなと思った私でした。こういう小さな事1つ1つがとても嬉しいと感じる今日この頃です。人と人とのつながりは大事ですよね。

ということでこれをエネルギーにして今週も頑張ります!ではでは。

f0121730_73671.jpg

[PR]
by insyouha-news | 2006-05-08 00:00